書きたい記事と書いても満足感が得られない記事

この記事は約 1732文字です。

ブログ運営歴「だけ」5年目になったが、記事はほとんど更新してこなかったので、あまり目新しい発見はない。しかし、今月、真面目に記事を更新し始めて気づいたことがある。それは、「自分の書くべき記事」は何なのかということだ。

どいういう事かというと。このブログのpv数トップ5は、

1位 歯に詰まった(挟まった)デンタルフロスを取る方法(ハウツー)
2位 NEW GAME! 『滝本ひふみ』の顔文字まとめ(アニメ特集)
3位 箕面の滝ハイキング 前編(旅写真)
4位 箕面の滝ハイキング 後編(旅写真)
5位 手塚治虫記念館   前編(旅写真)

これらすべての記事に共通することは「誰でも書ける記事」ということだ。

スポンサーリンク

俺は九条太輔だ!

俺はネットで表現するとき、大事にしていることがある。それは……

「九条太輔、俺様が発信している」ということだ!

だからseo対策を施し、ともかくpvを集めてくるという思想の連中とは根本的に異なる。たしかにpv数が増やすのは大事だ。そのためにはseoを勉強する必要があるだろう。しかし、その根底には「九条太輔の言う事を聞いて欲しい」という思いがある。

誰でも書ける記事を量産しても俺はうれしくない。

まだこれで、一つの記事に対して、一万円とか入ってくるなら、バイトとして割り切れるが、金銭的には書けば書くほど大赤字。旅写真を例にとってみても旅費が数千円、記事執筆で半日が消し飛ぶ。アニメ特集記事も、アニメ全話見ながら特定部分をキャプチャして、記事にまとめる作業は好きなアニメであってもとても大変だ。

そして自分にしか書けない記事を書いてみた結果……

今月は5記事ほど「自分にしか書けない記事」を一生懸命書いた。その結果は驚きのものだった。

なんと全記事合計で「pv数0」。誰も見ていない……

アナリティクスを見ると、人気記事の平均滞在時間はそこそこあるので、目的の記事だけ読んで離脱していると推測してほぼ間違いない。人気記事を読みに来る人達にとって、俺、個人の事などはどうでもいいのだ。トップページにでさえ行っていない。

この結果を見ていると、少数の人のために無償で…… いや、わざわざ金と時間を使って奉仕しているように思えてくる……

どうせ誰も見ていないのだから、好きなようにする

今までは好きなことを好きなように書くといいながら、どこかスケベ心があったことは認める。しかし、今後は本当に書きたい記事だけを書く。

俺はブログを通して文章が上手になりたい。記事を書けば書くほど、成長していきたい。初心者ブロガーへのアドバイスでよくある「読みやすい文章を書けるようになりましょう。上手くなる必要はないです」には賛同できない。

広告収益を稼ぐロボットになりきってブログを続けるのは不可能だ。そもそも、そういった自分の正義に反することがやりたくないから、ネットで金を稼ごうとしている。

ただ、これからは真剣にやろうと思う。今までのように長期放置はしない。そして真剣に文章を書いた結果、世に認められないならば、俺は文章を書いて飯を食うことに向いていないというだけだ。俗なアドバイスなど聞く気はない。才能がなければ、食えないので退場。以上だ。世の中の”ありがたい常識”などは俺にとって、ちり紙以下の存在である。

pv数0がどこまで続くか楽しみだ。”自由を謳歌するブロガー”達がやっている、誰にでも書ける、みんなに役立つ記事などはもう書かん。商品レビューや旅写真なんかにしても、俺が書きたいから書く。

今後の戦略

感情的になってしまったが、pv数0を冷静に分析すると、それは商店の倉庫に商品が眠っている状態に似ている。どれだけ商品が良くても、商品棚に出さないと売れない。そして問題点があっても、これまた商品棚に出さないとわからない。

独り言をがむしゃらに書いていてもすぐに気力が尽きるのは目に見えている…… 俺だし…… 40年近く自分をやっているのでよくわかっている。

現実を直視した対策を立てるなら、youtube活動は必須だろう。自分を認知して貰いたいなら、動画が一番手っ取り早い。

諦めてyoutube活動も再開するか…… 生きるのは大変だ……