えんため日記

この記事は約 1328文字です。

アニメ、漫画、ゲーム、映画、音楽、etc……
その時の感想をいつまでも残しておくための日記帳。感動した後はその世界観から抜けられないので、気軽に綴る場所がほしかった。

スポンサーリンク

2020年5月18日 陸奥圓明流外伝 修羅の刻

GYAOで久しぶりに修羅の刻をみた。やっぱり面白い。圧倒的強さを誇る主人公のお話は見ていて気持ちがよい。修羅の刻はほかの作品と違って、「主人公最強」が首尾一貫してるのが特徴。視聴中は「早く力を使って、悪い奴をやっつけてくれ」とやきもきしながら見ていた。

そして、ヒロインは男勝りの気の強い性格だけれども、一途で可憐で魅力的なキャラばかり。今、流行の萌えキャラもいいけど、こういう硬派なヒロインもやはり捨てがたい。

昔アニメを見て、ワクワクドキドキしていた気分を少し思い出した。こういう作品を定期的に見て、人生にハリを出していきたい。

(C) 川原正敏/講談社・マーベラスエンターテイメント・創通エージェンシー・修羅の刻製作委員会・テレビ東京

 

その後、原作にアニメのスピンオフがあるというのでチェック。「アメリカ西部編」「西郷四郎編」を読んだ。

特に「アメリカ西部編」の主人公「風雲幕末編」の出海の弟、雷(あずま)がとてもせつなく、かっこよかった。「争いを嫌う主人公が愛する人のために修羅になる」と、よくある話なのかもしれないが、何度見ても心が熱くなってしまう。

こんな作品を自分も描いてみたいと思った。

2020年5月01日 食戟のソーマ 神ノ皿(第4期)


4期を振り返ってみての感想。竜胆先輩に恋した…… 以上(笑)

前までは竜胆先輩をそこまで可愛いと思わなかったのに以外……

©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐

 

「食戟のソーマで一番退屈な部分は食戟」と思っている俺は、食戟描写中心の4期を敬遠していたが、意外に楽しめた。「次どうなるんだろう」と常にワクワクしながら最後まで見ていた。

ともかく4期は3年生(2年の一色先輩、紀ノ国寧々もよかった)の10傑メンバーの魅力をとても感じられる作品だ。あと、タクミの成長がとてもかっこよく感じた。総括すると4期は見てよかったと思う。

しかし、5期は…… 最初2話だけ見たが、原作がひどいので(立ち読みでチラ見してる程度にしか知らんけど)やはりアニメになっても今までのソーマほど楽しめる物ではない。『食戟のソーマはこのままネタ切れで沈んでいくのだろうか……』 と思わせる内容に残念な気持ちで一杯になる。

2020年4月27日 中川翔子「空色デイズ」

中川 翔子 『空色デイズ』

最初のせつない感じがとてもよい。アニメのコンピアルバム聴いてたら発見。

最初この曲を聞いたときは「Blood+ 」のOP「青空のナミダ」を歌っている人かと思って調べたら、中川翔子が歌っていて驚いた。そもそもショコタンがオリジナル曲を出しているのを知らない。もっと可愛らしい感じの声を想像していたが、カッコいい感じの声に衝撃。

ともかく、とってもいい曲。

ほかにもいい曲があるのかと期待しながら検索したが、残念ながら気に入ったのはこの『空色デイズ』のみであった。