養生のすゝめ 其の一 健康で一番大事なこと

この記事は約 2012文字です。

健康で一番大事なことはなんだろうか。多くの書籍に書かれているのは食事、睡眠、運動の三つが主だろう。私も異論はない。しかし、真剣に健康を研究し始めるようになり、これらが同列に扱われていることに、だんだん疑問を抱くようになってきた。

私はこの中で一番重要な物は食事だと断言する。

なぜ食事が最も大事なのかを理解するために、現代人の我々は、西洋医学の小難しい理論を使って説明されるより、自身の人生経験の方が手助けとなるだろう。

不必要に物をむさぼり食えば、睡眠が乱れ、不必要な睡眠を欲する。
不必要に物をむさぼり食えば、動くのが億劫になり、体を動かさなくなる。

欲の赴くままに暴飲暴食を繰り返せば、睡眠と運動にまで多大な悪影響を及ぼしてしまう。適切な物を適量食べ暮らすと、無駄な睡眠を欲する機会が減り、体が軽いので運動をする気も起きやすくなるというものだ。自己の健康を実現したい現代人なら、「食事から良い睡眠を作り、良い運動習慣を作る術」必ず習得しなければならない。

スポンサーリンク

食べる物が体を作る

他にも、食事が大事な理由で、「食べる物が体を作る」という事も忘れてはならない。

世の中には自然物、人工物を問わず様々な「物」が存在する。それらの「物」を構成する「素材」が大事でないことなどありえるだろうか。私は楽器を弾くのが好きだが、楽器の音の良さは「素材」の良さに比例すると言っても過言ではない。我々が住んでいる家もそうだ。家の質を決定する大きな要素に「素材」が入り込むことは疑いの余地がない。

であるにも関わらず、現代人は「口にする物が自分の体を作っている」という感覚が希薄なように感じる。体臭を気にする人のどれだけが、自分の食生活を顧みているだろうか。洗って取り除くことばかり躍起になっている人が多いが、先程の家の例えを使うなら、自分で臭いのする素材を家に組み込んでいるわけだ。当然その素材が無くなるまで臭いは発生し続けるだろう。やるべき事は嫌な臭いを発生させる素材に対し、表面的な臭いを洗い流し、一時的にまぎらわすことではない。素材自体を家に入れないことだ。

食事をないがしろにして、表面的な見た目ばかりに意識を奪われている人は大勢いる。それは、家がシロアリに食い尽くされているにもかかわらず、家の塗装を何にするか思い悩んでいるような物だ。その滑稽な姿を想像してみて欲しい。髪の毛の色を染める前にやらなくてはいけないことがあるはずだ。立派な土台となる家があるからこそ、その塗装が栄えるという物ではないだろうか。土台となる家がしっかりしていれば、少々塗装に難があっても不快に思う人は少ないはずである。

現代における食の誘惑

現代生活において食事に一番の注意を払わなくてはいけない理由はまだある。それは食欲を金儲けの手段として利用される場合が非常に多いという事だ。

現代は食の誘惑がとても多い。人類の歴史とは飢えとの戦いであるといっても言い過ぎでは無いだろう。そして、一部の地域では近年、飢えに打ち勝ち、食べるものに困らない社会を作り上げた。しかし同時に負の弊害として、人類史上類をみないほど、食欲が暴走し、過食により体が蝕まれる危険性が非常に高い社会を生み出してしまった。金儲けをもくろむ連中は、少しでも多くの物を食べさせるため、社会の中に食欲を刺激する罠を数多く、そして巧妙に仕掛けている。現代、飽食地域では飢えにより命を落とすことはなくなっても、食べ過ぎにより命を落とす事が起きている。なんという皮肉だろう。

食欲に関しては本能にのみ従うのでは無く、西洋医学、東洋医学、時には宗教など、様々な面から学び、自分なりの付き合い方を見いだしていかなくてはならない。飽食の歴史はまだ浅く、飽食で生きる術が遺伝子に刻み込まれていないので、本能はまったくあてにならないから注意しないといけない。我々の遺伝子は飢餓時代のままなのだ。

健康と楽しみのための食事

食べることは人生の喜びそのものだ。

私は極端な食事制限を推奨しているわけではない。私自身、甘い物、油物、酒、からい物、など体に良くないとされている物が大好きである。しかし、それを欲の赴くままに貪っていては、体を悪くしてしまい、結局食べられなくなってしまうと言いたいのだ。なのであれば少々の節制は受け容れた方が賢明だろう。

まず我々がやるべき事は毎回の食事をちゃんと意識すること。そして節制の術を習得する覚悟を持つことだ。それは容易なことでは無いが、病気になる確率を大幅に減らすことが出来るのであれば、やり通す事ができるはずだ。受験勉強や仕事をがんばれる人間は沢山いるが、健康のためにがんばれる人間はとても少ない。人生で最も大事な事であるにもかかわらず……

人生を楽しみ、病や怪我を近づけない体を作るためには、生活習慣を整えないといけない。その中でとりわけ食事は重要な事柄なのである。