『箕面の滝』に行ってきた。前編 

この記事は約 2541文字です。

minoutaki001102a-1大阪府箕面市、「日本の滝百選」にも選ばれた「箕面の滝」に、人生初の自主的なハイキングに行ってきた。

今回最大の目的は滝を見ることではなく、「日本の滝百選」だけではなく「森林浴の森100選」にも選べばれている「箕面公園」森林浴をして、パソコンばかりやっている不健康な体をリフレッシュさせることだ!!

健康寿命を延ばすためには、森林浴を人生に取り入れなければいけないと常々思っており、今回はその健やかな人生第一歩となる記念すべきハイキングなのだ!!!

第2回旅行記
旅行日時 2016.7.20日水曜日 AM9:00~14:00
スポンサーリンク

「阪急箕面駅前」「一の橋」 滝まで約2.7km~2.2km

minoutaki001007a-2
阪急箕面駅に到着! 阪急石橋駅で乗り換え、10分くらい電車に揺られて到着。駅前はコンビニなどもあるが、道中には自動販売機や売店が多数あるので、ここで無理して飲み物を大量に購入する必要はない。

minoutaki001004a-1
箕面駅を出た正面には大きな地図があるので道には迷わない。しかも、駅の目の前には交番がある。もしも不安なら警官に道を聞いてみればいいだろう。(上の箕面駅の写真を撮っている場所と同位置から反対側を撮影)
写真の真ん中の道を進んで行けば、後は一本道なので迷うことはない。

minoutaki001009a-3
住宅街とお土産屋が続く。右奥に見える細長い建物はスパーガーデンのエレベーター。

minoutaki001010a-4
数分歩くと関西では有名な「箕面温泉スパーガーデン」に到着。

minoutaki001015a-6
スパーガーデンを横目に数分歩くと、箕面公園の入り口「一の橋」に着く。橋を渡ると急に雰囲気が変わり、緑が美しい自然の景色に変貌する。

minoutaki001014a-5
自転車はこの「一の橋」を渡った直後の駐輪場に置いておく。
ハイキングコースは自転車が通っていないので安心してハイキングが楽しめ。マナー違反の自転車乗りもいるようだが、私がハイキングした際は一台たりとも自転車を見なかった。(「清掃の車」「森の中に住んでいる住人のバイク」はたまに通るので注意が必要だ。ただ一般道のような無茶な運転をみんなしていないので、安心してほしい)

さぁ、ここから「箕面公園」の森林浴タイム!!

「昆虫館」「瀧安寺(りゅうあんじ)」 滝まで約2.2km~1.6km

minoutaki001019a-1
道がちゃんと舗装されているので歩きやすい。

minoutaki001020a-2
道の横を流れる川に沿って目的の滝を目指す!

minoutaki001026a-3
山の中に多数の和風建築!!

minoutaki001027a-4
京都に来たみたい。

minoutaki001213a-15
日本家屋と自然の調和。こんな所に住んでみたい。

minoutaki001034a-5
minoutaki001209a-14
10分くらい歩くと最初の休憩所&お手洗いに到着。とっても綺麗。

minoutaki001040a-6
川沿いの柵には滝までの距離を示すプレートが定期的に配置されている。

minoutaki001041a-7
休憩所から少し歩くと奥に大きな建物が‥‥‥

minoutaki001043a-8
昆虫館でした。

minoutaki001045a-9
そして昆虫館から少し歩くと美しいお寺。

minoutaki001049a-11
お寺の前には大きな広場とたくさんのベンチ。奥に見える建物はお手洗い。

minoutaki001047a-10
「瀧安寺(りゅうあんじ)」、1000年以上前に建てられた寺で、なんと‥‥宝くじ発祥の地らしい(笑)山の中のお寺は非現実的な美しさ。

瀧安寺 - Wikipedia

minoutaki001050a-12
広い空間に観音堂。

minoutaki001051a-13
瑞雲橋

「野口英世像」「修行の古場休憩所」 滝まで約1.6km~1.0km

minoutaki001052a-1
綺麗な紅葉

minoutaki001054a-2
道中に喫茶店。「山本珈琲館」は有名なのだそうだ。次回行った時は入ってみよう。

minoutaki001057a-3
山は深くなるが、定期的に旅館などの建物がある。

minoutaki001058a-4
坂道が徐々に厳しくなる‥‥ 最初は余裕と思っていたが、どんどん半泣きに‥‥‥

minoutaki001059a-5
野口英世像付近の休憩ベンチ。息を切らして余裕がないため、野口英世像の写真を撮ってくることができなかった‥‥‥(おそらく写真右の階段を上れば野口英世像があると推測する)

minoutaki001061a-6
半分のプレート‥‥‥は、半分!? おい! ちょ、ちょ、ちょっと待て。まだ半分だと!?
私の心はもはや折れかけ‥‥‥ 青ざめている私を横目に、滝を見てきた元気なお年寄り達は涼しい表情ですれ違っていく‥‥‥

minoutaki001065a-7
「落石注意」の表示が増えてくる。いや‥‥‥「落石注意」ってどう「注意」すればいいんだよ!

minoutaki001068a-8
森がどんどん深くなり、涼しくなる。右下の川が遙か下に。

minoutaki001069a-9
涙目の私に建物が!

minoutaki001070a-10
やったー休憩所だ! オアシスだーー!
涼しいベンチで水を飲みながらしばしの休憩。自分の体力の無さを痛感する。

minoutaki001071a-11
めっちゃしんどいけど、ベンチから眺める森の眺めは最高だった。

minoutaki001072a-12
売店は色々売っている。

minoutaki001073a-13
自動販売機も種類が豊富。

「唐人戻岩」「滝の手前」 滝まで約1.0km~0.1km

minoutaki001126a-10
体力が少し回復し、休憩所を出発して少し歩くと、高そうなカメラを持った人達が‥‥‥

minoutaki001074a-1
写真を撮っている人に質問すると、「アオバズク」という渡り鳥を撮影しているのだそう。私の技術とレンズではうまく撮れません(涙)

アオバズク - Wikipedia

鳥の写真を撮っているとき、ハイキングしているおばさま達の会話が背後から聞こえてきて、

おばさまA「これ何、見てんねやろ?」
おばさまB「鳥の写真撮ってるんちゃうかなー」
おばさまA「ここでワーって叫んだら怒られるかな(笑)」
おばさまB「ちょっとあんたやめてや(笑)」

というやりとりが少しおもしろかった(笑)

minoutaki001078a-2
鳥のスポットから10分ほど歩くと「唐人戻岩」という大きな岩が登場。

minoutaki001080a-3
岩の近くの橋

minoutaki001081a-4
先が見えなくて辛い‥‥‥あと、どれだけ歩けばいいんだ‥‥‥フラフラになりながら歩く‥‥‥

minoutaki001087a-5
すると屋台を発見。こんな所で酔っ払ったら、帰られへんようになるわ!

minoutaki001089a-6
またお店が見えてくる。店は良いからはどこだ‥‥‥

minoutaki001091a-7
そして視線を下にやると‥‥‥あと100m!? 100mという事は目視で見えるはずでは‥‥‥ 少し角度を変えると‥‥‥

minoutaki001092a-8
滝や‥‥‥滝‥‥‥たぁきいぃぃぃがーーーーーー見えたどーーーー! うぉぉおぉーーー!

『箕面の滝』に行ってきた。後編へ

『箕面の滝』に行ってきた。後編 
初ハイキングで涙目になりながら、箕面の森を歩き続け、とうとう目的の滝にたどり着いたのだった‥‥‥『箕面の滝』に行ってきた。前編 はこちら↓「箕面の大滝」到着!!滝や- マイナスイオンやー。そして、疲れ果てた、小太りの私‥‥‥もっとスリムにな
タイトルとURLをコピーしました