『うめきたガーデン』に行ってきた。

この記事は約 1153文字です。


JR大阪駅、グランフロント大阪、すぐ側の大きな空き地に突如出現した庭園「うめきたガーデン」に行ってきた! 世界的にも実力を認められている、庭園デザイナーの石原和幸、がこの「うめきたガーデン」をプロディースしているのだそうだ。

スポンサーリンク

入り口


グランフロント大阪の本当に真横にあるので迷わない。


それにしても、大阪の一等地にこの広大な空き地、いったいどうするのだろうか(例えていうなら、新宿西口のオフィス街一帯がすべて空き地というような贅沢な状況)。噂では日本のセントラルパークにするとか、サッカー競技場を作るとか。個人的には緑がたくさんある公園にしてほしい。


きれいな生け花!?(呼称は生け花でいいのだろうか‥‥)でお出迎え。

A.メインガーデン


「うめきたガーデン」を象徴するメインスポットの滝。庭園デザイナーの石原氏の大阪が緑で溢れる街になるようにという願いが込められて作られている。


大阪がだけではなく、日本中がもっと緑で溢れる街作りを推進していって欲しい。


滝の周りにはめずらしいきれいな花がたくさん咲いていた。


これだけ大きな滝なのに、細部まですごく丁寧に作られている。


滝の両サイドには沢山の花畑が広がっている。


花畑の中にはこのようなお洒落な小物も。


ペチュニア畑(間違ってらすんません)


黄色いのがマリーゴールド、紫色がコスモス!だよね?(花の名前にはまったく自信がない‥‥‥)

B.ガレッジガーデン C.花咲く丸太小屋


ジブリに出てきそう。宮崎のお父さんが気に入ること間違いなし!


奥様方が真ん中の椅子に座って写真をとっていました。


写真右側に写っている石は、通路なので中に入れる。「入ってよい」と、地面に書かれているが、入るのにすこし躊躇する(笑)

D.みどりの小径


迷路のような植物の道。


緑の壁がとっても綺麗。家の壁を緑にしたいときは、ここのイメージを是非とも使いたい。


この花の名前はなんというのだろうか。色がとても妖艶だ。画像加工はまったくしていない。

E.みんなの花畑 F.にぎわい広場 &etc



梅田スカイビル


グランフロント大阪

梅田にお立ち寄りの際は是非

たくさんの種類の花があり、気軽に楽しめる。反面、規模が少し小さいので、すぐに見終わってしまうのが難点だ。近隣の人には一度行ってみるよう勧めるが、遠方の人が高い電車賃と時間を費やしてまで訪れることを、勧める気にはなれない。

花の種類も、飾り付けもよかったので是非とも今の規模の5倍くらいの広さでやってくれたらと思います。そしたら遠方の人にも自信を持って勧められます。

梅田に用がある人は、ちょこっとだけ足を伸ばし、緑を楽しんで見てはいかがだろうか。