youtubeで成功する芸能人、失敗する芸能人。カンニング竹山は、なぜyoutubeでいまいちなのか

この記事は約 2455文字です。

2018年頃からyoutubeに多くの芸能人が参入してきた。その内の何人かは一瞬でトップに駆け上がり、もう一方の多くはくすぶっている。

そのくすぶってい中の一人がカンニング竹山だ。

カンニング竹山はチームを組んで動画制作をしているようだが、昭和生まれの頭が固いテレビマン達が平成初期の価値観で「動画ではなくテレビ番組」を作り、youtubeにアップロードしているというのがよく伝わってくる。

彼の動画は「youtubeで活躍したい芸能人がやってはいけないこと」の見本である。

スポンサーリンク

youtubeとテレビは別物と考えるべき

youtubeではテレビの違法転載が多数アップされており、人気のバラエティ番組だと軽く数十万回から数百万回再生される。これだけ見ると「youtubeでもテレビの需要はある」ように思える。しかし、これは重大な点を見落としている。

それは「テレビ番組が多額の予算を使い、作られている」とう点だ。

例えて言うならテレビは1000万円使って2000万円稼ぐようなビジネス。一方youtubeといえば、トップユーチューバーでも動画制作の経費が1000万もかかることはまずありえない(そのように見せかけて成功している人達はいるが…… 情報商材系の人達が好む手法である)。

youtubeの場合マネタイズの方法は千差万別なので一概に再生数が多ければ儲かるとは言い切れないが、カンニング竹山の動画はそれなりに予算が掛けられているわりには、再生数から判断しても利益が出ているようには思えない(自身の動画内でもyoutube活動は赤字だと明言している)。だからyoutubeで成功したいと意気込んでいるわりには、更新頻度があまりないのだろう。

立山の動画はテレビとしては低予算すぎるし、youtubeとしては経費を掛けすぎなのだ。中途半端な予算に甘えた動画作りでyoutubeの視聴者の心をつかみ取ることは難しい。

youtubeがテレビに絶対的に勝っている点、それは多様性である。youtubeにおいて、テレビ的な力業が正攻法なのかと聞かれたら疑問を呈さざるを得ない。

youtubeでテレビ番組を作る弊害。真のライバルとは?

youtubeにおいてテレビ番組を制作した場合のライバルは誰だろうか? ヒカキン? ヒカル? それとも同じ芸能人のカジサックや中田敦彦? 答えは否だ。 正解は、

「違法転載されている多額予算を掛けて作られたテレビ番組」である。

よって、テレビ番組を作っているカンニング竹山は、「明石家さんま、ダウンタウン、とんねるず」などの一流芸能人達の、しかも一番面白いシーンばかりを切り出した動画と戦っているわけだ。誰がどう考えても勝てるはずがない。

試しに「カンニング竹山」をyoutubeで検索してみたが、カンニング竹山自身でさえ、自分の出演しているテレビ番組の違法転載動画には再生数で大きく離されている。ちなみに視聴回数のトップ10の中でカンニング竹山自身が制作している動画は2つしか入っていない(2019年11月23日現在)。

そこそこの味のラーメン屋でもライバル店がいなければ繁盛する。逆にライバル店が大勢いれば繁盛させるのは難しい。

カンニング竹山の事例で言うと、ラーメン(テレビ)は競争が激しいので、寿司(youtube)で勝負しようとしたが、そこで寿司を作らず、そこそこのラーメンを作っているような感じだ。しかし、客は質が悪くてもいいから、寿司を求めている。しかも寿司屋では旨い違法ラーメンが無料で配られているときたもんだ。やはり勝ち目は見いだせない。

視聴者と向き合え。カンニング竹山!

カンニング竹山は「カンニング竹山〜拝啓テレビ局様チャンネル」というチャンネル名でyoutubeにおいて活動している。

何なんだこのふざけた名前は!

目線が視聴者よりテレビ局に向いていると表しているような物だ。そのようなつもりはないと竹山は言うだろうが、差別的表現を使う人間は、そんなつもりはないと言った所で、やはり差別的なのだ。

実際に動画内でもカンニング竹山は視聴者に語りかけるような動画作りは一切していない。対照的に、売れている芸能人ユーチューバーは視聴者との対話をとても大事にしているように見える。

竹山よ。売れたければまずチャンネル名を変えろ。話はそれからだ。政党名に差別用語が含まれている政党が差別廃止を訴えても誰も話を聞かないだろ?

youtubeで芸能人が成功するためには

youtubeで人気を得た芸能人を観察しているといくつかの共通点が見つかる

・youtubeを真剣にやっている
・youtubeをよく研究している
・youtubeにリソース(時間や金)を投資している
・youtubeのフォーマットに合わせている
・テレビ番組をそのままyoutubeに持ってきていない

そして、最後に……
視聴者と真剣に向き合っている

ちなみに例外的に上記の法則に当てはまらない場合も存在する
・テレビの演出なしでも本人に圧倒的魅力がある
・テレビでのブランド力が圧倒的(ex.ジャニーズ、有名ミュージシャン等)

逆にyoutubeで再生数が付かない芸能人はこれらのことが出来ていない。

日本youtube史上最速で100万登録者数を突破した中田敦彦は「最初は片手間でyoutubeをやっていたけど、全然登録者数は伸びなかった。その後、心を入れ替え、youtubeにすべてのリソースを投資する覚悟を決めた」と自身の動画内で述べていた。

もしも芸能人がyoutubeで成功したいなら、テレビで培った自分の強みと、邪魔なしがらみをよく取捨選択して挑戦するべきだろう。

ダーウィンが「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」と言っているが、芸能人にもまさに当てはまる。既存のテレビの呪縛にとらわれていては淘汰は免れない。